特定健診

特定健診について

特定健診とは

糖尿病やメタボリックシンドローム等の生活習慣病については、若い時からの生活習慣を改善することで、その予防、重症化や合併症を避けることができると考えられております。
その為、平成20年度から生活習慣を見直すための手段として実施されているものが「特定健康診査」です。

対象者・・・
40歳以上の医療保険加入者
※被保険者だけでなく被扶養者も対象となります。
持参品・・・
40歳以上75歳未満の方は「特定健診受診券」「健康保険証」「介護保険証」。
75歳以上の方は「健康保険証」「介護保険証」のみ。※ 「特定健診受診券」は不要。
費用・・・
無料

健診項目




問診及び診察 既往症の調査(服薬歴及び喫煙習慣の状況調査を含む)
自覚・他覚症状の有無の検査(身体検査等の理学的検査)
計測 慎重、体重、BMI(体重(kg)÷身長(m)÷身長(m))、血圧、腹囲
血中脂質検査 中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール
肝機能検査 AST(GOT)、ALT(GPT)、r-GT(r-GTP)
血糖検査 HbA1c
腎機能検査 血清クレアチニン(川西市独自追加項目)
尿検査 尿糖、尿蛋白

当日の診察等の結果によっては、貧血検査(血色素量、赤血球数、ヘマトクリット値)を追加で行うことがあります。
前年度の結果によっては、上記検査項目にあわせて心電図検査・眼底検査を指定の医療機関等で受けていただくようご案内している場合があります。
事業主健診・人間ドックなど他の健診で上記の検査項目をすべて行っている健診を受診した場合は、その健診結果を提出いただければ、別途に特定健診を受診していただく必要はありません。

健診結果のお知らせ

または郵送で通知します。記載事項や医師からの注意事項を参考に、必要があれば医療機関で治療等を受けるようにしてください。

ページトップ