胃カメラ

胃カメラの特徴

胃カメラの特徴

当院が所持している、鼻から入れることの出来る胃カメラ(経鼻胃内視鏡)の特徴を紹介致します。

当院では口から入れる胃内視鏡検査を選択することも可能です。

特徴1 「吐き気の少ない検査」

口から内視鏡を入れる場合は、内視鏡が舌の根本に触れてしまうことが多い為、「オエッ」とえずく咽頭反射が起こります。しかし、鼻から入れる場合は内視鏡が舌の根元に触れないので、ほとんど吐き気や不快感を感じることなく検査を受けることができます。

特徴2 「検査中に話が出来る」

口から内視鏡を入れると、口がふさがってしまうために検査中は話ができません。
しかし、鼻から入れる場合は口を自由に動かせますので、検査をしている医師と会話ができます。気になった点などをすぐに確認できる為、安心して検査を受けられます。

特徴3 「身体に優しい検査」

鼻からの内視鏡は鼻腔(びくう)へスプレーをして出血を予防し、ゼリー状の液体を流し込んで局部麻酔を行います。強い麻酔などが必要無い為、体への負担も少なく、検査終了後30~60分で水を飲んだり食事をしたり、車を運転することもできます。

胃内視鏡検査の流れ

  1. 検査前日

    夕食は夜9時までに軽めのもので済ませます。それ以降は、水、お茶、スポーツドリンク以外の物は口にしてはいけません。体調を整えるためにも、早めの就寝を心がけましょう。

    検査前日
  2. 検査当日の朝

    服用していい薬と、服用を控えたほうがいい薬がある為、前もって医師に相談しておきましょう。また検査が終わるまでは、水、お茶、スポーツドリンク以外の飲食は一切禁止です。喫煙も控えましょう。

    検査当日の朝
  3. 来院・受付

    検査時に鎮静剤を使用する場合がありますので、自分で車を運転しての来院は控えましょう。

    来院・受付
  4. 検査

    【例】実際の映像

    【例】実際の映像

    胃の中の泡を取り除いてきれいにするため、コップ半分程度の消泡剤(液体)を飲みます。
    経鼻胃内視鏡をご希望の方の場合は内視鏡を鼻から挿入し、経口胃内視鏡をご希望の方の場合は口から挿入します。
    もし、がんを疑う病変や潰瘍があれば、先端の鉗子口から処置具を出して組織を採取(生検)します。

    検査
  5. 検査結果の説明

    検査が終わって少し休憩した後は、診察室に移り撮った画像を見ながら医師の説明を受けます。組織を採った場合には、1~2週間後に病理結果を聞くために再度受診します。
    飲食は1時間後から、生検を受けた場合には2時間後から可能ですが、なるべく消化の良いものを摂りましょう。

よくあるご質問

胃カメラ検査で、どんな病気が発見できますか?
食道癌、逆流性食道炎、胃癌、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、慢性胃炎、胃粘膜腫瘍、ヘリコバクターピロリ菌 など
どんな方が受ける検査なのですか?
  • みぞおちのあたりの痛みのある方
  • 胸焼け、もたれ感のある方
  • 食欲不振、体重減少のある方 など
経鼻胃内視鏡検査は鼻の穴が小さい人でもできますか?
残念ながら鼻腔が狭いために断念し、口からのカメラに切り替える場合が約2%(50人に1人)程度あります。

ページトップ