消化器科

消化器科について

消化器科について
消化器科とは食道・胃・大腸、肝臓、胆のう、すい臓といった幅広い領域の治療を行う診療科です。
様々な疾患を取り扱っている為、単に身体の調子が悪いと思っている方の半数以上が、自覚にないまま消化器科の病気であることが多いのです。
当院では患者様に少しでの苦痛の少ない検査・治療を受けて頂く為に、消化器科の検査では“鼻から入れる胃カメラ「経鼻胃内視鏡」を使用しております。

当院で行っている検査

胃内視鏡・経鼻内視鏡

経鼻内視鏡とは
直径5.6mmと現在の胃カメラでは最も細いものを使用しております。
ご希望の方には経鼻内視鏡としての使用も可能となっております。
胃透視
検診としては胃内視鏡の方がより正確な検診が可能となりますが、抵抗のある方には胃透視にて対応させていただいております。

検診可能なもの

逆流性食道炎、胃癌、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、ヘリコバクターピロリ菌、胃ポリープなど

注腸透視

肛門からバリウムと空気を入れて診断を行います。大腸内視鏡が必要な場合は病院の専門医を紹介いたします。

検診可能なもの

大腸癌、大腸ポリープ、大腸憇室など

慢性肝炎

血液検査、胸部超音波検査にて診断しております。

検診可能なもの

B型肝炎、C型肝炎、アルコール性肝炎、脂肪肝など

ページトップ