設備一覧

設備詳細

CT(断層撮影) 頭部:脳梗塞、脳内出血、頭部外傷などの診断
胸部:肺癌、肺結核、肺炎などの診断
腹部:肝臓、膵臓、腎臓、胆のうなどの疾患診断
X線写真撮影機 胸部X線写真、腰椎X線写真、頚椎X線写真など、ほぼ全身の必要な部位のX線写真の撮影 その他、胃透視(胃検査)、注腸透視(大腸検査)
超音波診断装置 乳腺:乳癌検診
甲状腺:甲状腺癌、甲状腺腫大(甲状腺機能亢進および低下症)の診断
頚動脈:動脈硬化の検診
腹部:肝臓、膵臓、腎臓、胆のうなどの診断
胃内視鏡 食道癌、逆流性食道炎、胃癌、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、慢性胃炎、胃粘膜腫瘍、ヘリコバクターピロリ菌などの診断
ABI 全身動脈硬化の度合が数字・グラフで表示されます。
スパイロメーター 気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD)などの診断のため、肺活量、1秒量などを診断
呼気CO測定器 禁煙治療を希望される方のため呼気中のCO(一酸化炭素)濃度測定
聴力測定 会社などに提出する健康診断書のため必要な場合に聴力を測定

設備紹介

CTスキャン(断層撮影)

CTスキャン(断層撮影)

CTとは、X線を使って身体の断面を撮影する診断装置です。
X線管球が身体の周りを回転することで360°方向から収集された情報を集め、その情報をコンピュータ解析し、身体のあらゆる部位の輪切りの画像を作り出します。

 詳しく見る

胃カメラ(胃内視鏡)

胃カメラ(胃内視鏡)

胃カメラとは、胃の中の様子を直接モニター画面に表示させ観察する為に、口または鼻から胃の中に入れる診断装置です。
当院では経鼻法(鼻からカメラ)と経口法(口から胃カメラ)をご希望により選択が可能です。

詳しく見る

レントゲン

レントゲンはX線を用いて体内の様子を調べる検査です。 X線は、骨や心臓などは通過しにくく、肺などは通過しやすいため、通過した後のX線をフィルムにあて感光させると、骨や心臓は白く、肺は黒く映るなどしてその形がよく判ります。

  • レントゲン
  • レントゲン

超音波診断装置

超音波診断装置(エコー)は、超音波を身体に当て、それが臓器や組織にぶつかってはね返ってくる信号を受信し、臓器などの様子を映像化します。

  • 超音波診断装置
  • 超音波診断装置
    • 【腹部】
    • 【乳腺】

心電図・動脈硬化測定装置

  • 心電図(画像:左)
  • 動脈硬化測定装置(画像:右)

心電図(画像:左)
心臓が収縮・拡張を繰り返す際に起こる微弱な活動電流を、波形として記録する装置です。心臓の検査の中では比較的簡単に行えることが特徴です。

動脈硬化測定装置(画像:右)
動脈の硬さや、動脈の詰まりなどを測定する為の装置です。
検査自体は約5分間両手両足の血圧を測定するという簡単なもので、検査結果も見やすい表で確認することが出来ます。

リハビリ機器紹介

  • 温熱治療器

    【温熱治療器】

  • ハドマー

    【ハドマー】

  • レーザー光線治療器

    【レーザー光線治療器】

ページトップ