がん検診

がん検診について

がん検診について

がん検診とは、がんの症状がない人々に対して、早期発見を目的に行う検診です。
現在日本ではがんによる死亡者数が年間30万人を超え、死亡原因の第一位を占めています。しかし医療の進歩により、一部のがんの早期発見・早期治療が可能となってきました。
当院では「CT」や、乳がんの検診で使用する「超音波診断装置」を用いて、より正確な検診を行っております。

CTとは

当院で行っているがん検診

肺癌検診

特徴・症状・原因

肺がんとは、肺から発生する癌の総称で、大きく分けて「小細胞肺がん」「非小細胞肺がん」の二種類に分類されます。
症状としては咳や痰などがありますが、どれも肺がん特有の物でない為、早期発見が困難です。また原因としては主に喫煙が上げられますが、煙草を吸わない方も受動喫煙により発症リスクが高まっています。

当院の検診方法

胸部CT、胸部X線にて対応いたします。
肺癌の部位、大きさによっては写らないこともあるので胸部CTをお勧めしています。

胃癌・食道癌検診

特徴・症状・原因

胃がん・食道がんはどちらも上部消化器と呼ばれる食事を摂る為に重要な働きをする部分に出来るがんです。どちらも初期段階ではほとんど症状を感じることが出来ず、早期発見が困難です。
原因としては食道がんは喫煙と飲酒です。特に両者を組み合わせた際に危険性が高まります。胃がんの原因はピロリ菌が大きく関係していると考えられています。

当院の検診方法

胃内視鏡・フジフィルム社製・極細径直径5.6mm・経鼻内視鏡(勿論径経口も可能です)患者様の選択が可能です。
胃内視鏡がどうしても嫌な患者様はバリウムによる胃透視も可能です。

乳癌検診

特徴・症状・原因

乳がんのほとんどは「乳管」から発生します。適切な治療をせずに放っておくと、血液やリンパ液の流れに乗って様々な臓器に転移します。主にしこりが初期症状として挙げられますが、全ての乳がんが必ずしもしこりが出来るというわけではありませんので、注意が必要です。
乳がんの正確な原因は解明されていませんが、様々な研究によって体内で作られるホルモンが大きく関係していると考えられています。

当院の検診方法

乳腺超音波検査により検診・大半の乳癌は早期に発見すれば完治し手術創も小さく乳房も温存でき外見も手術前と殆ど変りません。
是非とも早期発見のため1年に1回の超音波検査を受けましょう。

肝臓癌検診

特徴・症状・原因

肝臓がんは肝臓の細胞ががんになる「肝細胞がん」が90%を占めます。肝がんは主要な発生要因が明らかになっているがんの1つで、肝炎ウイルスの持続感染がその原因です。C型肝炎ウイルスやB型肝炎ウイルスの持続感染で慢性肝炎を起こし、肝硬変へ進み、肝臓がんになると考えられています。
肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれ、初期にはほとんど自覚症状がありません。

当院の検診方法

腹部CT、腹部超音波検査、血液検査(AFP、PIVKAⅡなど)で検診いたします。

腎臓癌検診

特徴・症状・原因

腎臓がんは腎臓の実質から発生したがんのことですで、小児がんの数少ない症例に含まれるがんの1つです。
原因は未だ特定されていませんが、喫煙や肥満などが関係していると考えられています。
症状としても腎臓自体が身体の表面から深いところにある為、進行するまでは無症状です。進行した場合主に見られるのは血尿であり、その他にもお腹の痛みやお腹にしこりが表れます。

当院の検診方法

腹部CT、腹部超音波、検尿にて検診いたします。

膵臓癌検診

特徴・症状・原因

膵臓に出来るがんの内90%以上は、膵臓の細胞に出来ます。
膵臓がんの原因には、不明なところが多くはっきりと断言されていません。しかし現在考えられている原因の一つが高タンパク・高脂肪食です。
また膵臓がんは自覚症状がなかなか現れず、特有の症状も無い為、早期発見が非常に難しいとされています。

当院の検診方法

腹部CT、腹部超音波検査、血液検査(CA19-9、span1、Dupan1など)で検診いたします。

胆のう癌検診

特徴・症状・原因

胆のう、胆のう管に出来たがんを、胆のうがんと呼びます。原因としては良性ポリープががん化して起こる場合などがあります。
また胆のうがんの症例の約60~70%には、胆石を合併することが分かっています。
胆のうがんは自覚症状・初期症状が乏しく、早期発見が困難とされています。また胆のう自体が小さい為、がんが胆のうからあふれ周辺臓器に広がってしまうなど、進行も早いがんです。

当院の検診方法

腹部CT、腹部超音波、血液検査(CA19-9など)にて検診いたします。

大腸癌検診

特徴・症状・原因

大腸がんは直腸にがんが出来る可能性が約40%、直腸に繋がるS状結腸にがんができる場合が約28%と、肛門に近い部分にがんができやすい傾向があります。
症状としては大腸のどの部分にがんが出来たかによって異なりますが、多い症状としては血便や残便感などがあります。
原因ははっきりとはわかっていませんが、環境や食生活が関係していると考えられています。

当院の検診方法

便潜血反応、大腸注腸透視で検診いたします。
大腸内視鏡が必要な方、または希望される方には病院の専門医を紹介いたします。

ページトップ